看護師求人の情報おまとめサイト!

看護師として働きながらの転職活動はなかなか大変です。 ですが、最近ではただ単に求人情報を検索できるだけではなく、転職に関するアドバイスも受けられることができます。
看護師求人サイトや看護師転職サイトに複数登録している方が多いです。
そうすることでより多くの情報を入手できますし、またそうすることでより自分に合ったサイトを見つけることができますからね。
当サイトではランキングでご案内していますが、ほとんどが全国対応で、サイトによって求人が異なるので、全て登録しておけば、転職に困ることはありません!

今月のオススメ看護師求人サイト!

総合人気看護師求人ランキング

看護roo!利用者満足度96.2%!

看護roo!

対応エリア首都圏・関西・東海求人例高給与!残業なし

豊富な非公開求人と手厚いサポートが人気で、利用者満足度はなんと96.2%。 毎年2万人以上の看護師の方が利用しています。登録方法はいたって簡単で、申込フォームに必要事項を記入するだけのたった30秒ほどの作業なので、とても手軽に登録できますよ!

もっと詳しく詳細を見る


ナースではたらこ2012年楽天リサーチで求人満足度1位!

ナースではたらこ

お祝い金10万円求人例ブランクOK・24h託児所有

「ナースではたらこ」は、医療系人材紹介会社における顧客満足度が2012年度第1位。業界でも最大数の求人数を誇っていて、自分に適した転職先をすぐに見つけることが出来ると評判が高いです。こだわり条件や人気条件など、様々な条件で病院検索を行うことが出来るので、スムーズに転職先を見つけることが出来ます。

もっと詳しく詳細を見る


看護のお仕事非公開求人多数あり!

看護のお仕事

お祝い金5万円求人例土日休み

求人情報誌などにはなかなか掲載されない、非公開求人案件が豊富な「看護のお仕事」。求人数がとにかく豊富で、しかも好待遇のものばかり。自分の希望にマッチした求人情報をスピーディに紹介してもらうことが出来ます。

もっと詳しく詳細を見る


ナースパワー

ナースパワー

特徴高採用率求人例月収45万円以上確実!

看護師専門の紹介会社として25年もの長い歴史を持っている会社なので、求人先との信頼関係も厚く、ナースパワーの紹介は採用されやすいと評判です。業界最大数の全国13ヵ所もの拠点がありますし、月収45万円以上の求人なども数多くあるので、収入アップを狙っている方にもオススメです。

もっと詳しく詳細を見る


ナース人材バンク

ナース人材バンク

特徴勤務条件希望できる求人例年間休日125日以上

紹介実績トップクラスのナース人材バンク。全国各地の看護師求人情報を扱っていて、それぞれの地域の特性と実情に精通したキャリアコンサルタントが在中しています。そのため、確かな情報を元に求人を紹介してもらうことが出来るのです。

もっと詳しく詳細を見る


看護師プロ

看護師プロ

特徴年収500万円以上求人例年収420万円以上

医療系人材会社「総合メディプロ株式会社」が運営している看護師専門転職情報サイト。医療業界に精通しているキャリアカウンセラーが転職の相談にのってくれるので、転職が初めてという方も安心して転職活動を行うことが出来ます。入職を果たした後でもお仕事に関する相談にのってくれるアフターサービスも人気の秘密です。

もっと詳しく詳細を見る


MED+Fit

MED+Fit

お祝い金10万円求人例年間休日120日以上

転職を成功させた人に支援金10万円がもらえるメドフィット(MED+Fit)は、ハローワークや一般求人情報誌にはない高待遇な求人情報がたくさんあります。専門の転職エージェンシも常駐しているので、安心して転職活動ができます。

もっと詳しく詳細を見る


自分に合った看護師求人を選ぶ

  • 総合人気看護師求人ランキング
  • 経験者が決める おすすめ人気看護師求人から探す!
  • 給料アップ!高収入求人が見つかるランキング
  • お祝い金が貰える 転職支援金がもらえるところ!
  • 非公開求人!好条件が見つかるかも!
  • 求人件数ランキング 求人件数でのランキングから探す!

看護師転職の注意点

看護師が退職するとき気をつけたいポイント

〇気持ちのいい退職をしよう
退職する時はなぜ退職したいのかという理由を上司に伝えなければなりません。
結婚や妊娠などの比較的伝えやすい理由なら問題ありませんが、職場が嫌になって辞めるという場合は特に言いにくいものですね。
でも、突然辞表を出して次の日に辞めてしまうとか、職場の文句や不満を言って退職するというような態度は絶対にやめましょう。
お互いに気持ちよく最後の一日まで仕事ができるように、退職は早い時期に伝えるようにして引継ぎをしっかりするように気を付けてください。
円満退社は社会人としての基本です。

〇健康保険の手続き
健康保険被保険者証は退職する時に返却しなければなりません。
転職先が決まっていない状態で退職する時は自分自身で国民健康保険への加入手続きをするか、任意継続被保険者制度の申請をしなければなりません。
任意継続被保険者証は最長二年間は在職中の健康保険が利用できる制度です。
なかなか転職が決まらない時、国民健康保険よりも保険料が安い場合が多いので便利です。

〇身辺整理をしよう
病院の経費で購入した備品はすべて退職時に返却します。
身分証明書や名刺、IDカードだけではなく、消しゴムや鉛筆1本まで持ち帰ってはいけません。
ロッカーや机の整理をして掃除もしておきましょう。
ナース服や制服の返却時は自分でクリーニングに出して返さなければならない場合もあります。
全てを綺麗さっぱり整理して、気持ち良い退職をしましょう。

転職後の注意点

転職してからしばらく間は仕事の内容や仕事の進め方、仕事をしていく環境や、決まり事などわからないことが出てくると思います。
そんな時はどんな小さなことでもことでも仲間のみんなに質問するとよいでしょう。
質問を通して相手とコミュニケーションをとることができ、自分が積極的で、問題意識を持って真面目だという印象をアピールすることができます。
しかしここで注意いしたいのが、これまで自分が経験したことで知っているからと言って自分の判断で勝手に仕事をしてしまうことです。
職場での決まり事や仕事の進め方をあまり理解していないのに、以前の職場と同じように仕事を進めてしまうと思わぬ失敗を招いてしまうことあります。
人の命を預かる仕事なので、たとえ仕事の内容をわかっていたとしても、まずは上司や同僚にしっかり確認し進めていくことが大切です。

人間関係を良好に保つコツ

どこの病院に転職しても、人間関係から解放される事はありません。
自分よりも年上の人もいれば年下の人もいます。
その中でどれだけ人間関係を良好に保ちながら仕事をこなしていけるかが、転職を成功する上で大切なポイントです。

転職したばかりの頃は、早く職場に馴染もうと頑張りすぎてしまう傾向がありますが、あまりそういう気持ちを持ちすぎると精神的に疲れてしまうものです。
特に自分よりあまりにも年上の上司やあまりにも年下だけど仕事上は先輩という人との関係性は誰でも難しく感じます。
そこを意識し過ぎてしまうとかえって人づきあいが上手くいかないものです。
初めは馴染めなくて当然ですから、肩に力を入れずに仕事に専念しましょう。
自然と馴染んでいけるようになるはずです。

しかしまったく仕事以外の話をしないというのも要注意です。
周りの人が近寄りにくいと感じることがないようにしましょう。
自分が近寄りがたい雰囲気を出しているにも関わらず、誰も話しかけてくれないという被害妄想で相手を非難していくようになってしまいます。
毎日顔を合わせて仕事をする同僚とはわりと打ち解けやすいものなのですが、特に自分から昼休みに話しかけるなどしてみると良いかもしれませんね。
ランチタイムや退社時間が重なった人に「ご一緒してもいいですか?」と話しかけると相手も悪い気はしないはずです。

看護師という仕事はチームワークが大切です。
だからこそ、人間関係がうまくいかずに転職をする人も多いのですが、同じ仲間という意識を持ちながらもあまり深入りせず、適度な距離を保ちながら良好な関係を築ける事が転職を成功させるためのポイントです。

履歴書の書き方

転職する時に必ず必要なアイテムの一つに履歴書があります。
どの病院でも面接する時は履歴書の提出を求められますし、転職を成功させるためには履歴書の書き方にも注意しなければなりません。

履歴書は手書きで書くのが基本です。
たまにパソコンで作成する人がいますが、転職に対する真剣さや丁寧さは手書きの方が強く相手に伝わるものです。
また、書き直すときは修正テープを使うのはやめて新しく書き直してください。
履歴書を何枚も書き直すのはもったいないので、予め下書きをしてから書くと無駄が省けます。

履歴書は、その病院でぜひ働きたい!という熱意をアピールするための大切な書類です。
志望動機や過去の経験職種などを丁寧に記載して面接官にその熱意を伝えましょう。
たまに趣味の欄を空白のままにする人もいますが、何も書かないというのはあまり印象が良くありません。
嘘を記入するのは良くありませんが、よく考えれば何か思い浮かぶはずです。
どうしても思い浮かばない時は「特になし」と一言記載しておきましょう。


看護師求人の注意点

精神科の看護師をお考えの方への注意点をご紹介いたします。

精神科へ勤める看護師は給与水準が高いと言われています。

ですがその分、精神科での勤務には精神科ならではの大変さがあります。

ではそんな精神科へ看護師転職をしようとする場合は、どういったことに注意すればいいでしょうか。


現在は女性看護師の方が圧倒的に多い状況になっています。

しかし精神科の場合は男性看護師の方が女性看護師よりも多くなっていると言います。

精神科に入院する患者さんの中には、体格がよかったり力が強かったりする患者さんもいます。

時にはそういった患者さんに対応することもあるので、力が強い男性看護師の割合が多くなっていると考えられます。

しかし一方で精神科には女性看護師も多く在籍しています。

ですから精神科へ看護師転職するならパワフルでないといけないという訳ではないのです。

精神科に看護師転職しようとする方に求められるのは、病気への理解や臨機応援に対応する力などです。


ストレスを抱えていない人はいないと言われる現代では、精神科の役割がより大きなものとなっています。

ですから精神科の看護師求人も大変多くなっています。

看護師求人の数自体とても多いものですが、精神科の看護師求人も多い部類に入るでしょう。

ですので看護師求人を積極的にチェックしていけば、精神科への看護師転職も十分可能になります。

看護師の方の中には以前から精神科勤務に興味があった方もいるでしょう。

ですからそういった方は精神科への看護師転職も視野に入れ、看護師求人を検索していってください。

自分に合った看護師求人を選ぶ

みんなの口コミ