のぼりを雨の日にも使用する

洋裁  和裁  編み物  刺繍  テキスタイル

 


のぼりを雨の日にも使用する際の注意点

のぼりに使われている生地や染料などにもよりますが、のぼりの中には雨などの水に濡れてしまうと使われている糊や染料などが流れてしまったり、濡れ具合などによって色が滲んでしまう可能があります。

そのため、雨の日には濡れない場所にのぼりを移動させたり、店内などに取り込むことが必要な場合があります。

そして、豪雨などの雨の日や強風などでは安全対策として、速やかにのぼりを片づけることが必要な場合もあります。

しかし、現在作られているのぼりの中には、豪雨や強風など以外の雨の日には店頭などの外に出すことができるように、水に強い生地やインクなどが使われていたり、雨に濡れても早く乾く素材などが使われているものがあります。

ただ、その分のぼりというのは劣化します。
劣化するということを基本的に考えて作る必要があります。
ですから、発注の際に多く作れば安くなるというところも多いので、多めに作っておいても良いでしょう。

 

I N D E X 雨の日ののぼり旗 裏抜け open 広告 オリジナル 意図しないのぼり サイトマップ