意図しないのぼり

のぼりは、横断幕と違って必ず正面から見るわけではありません。
通行人が歩いてくる方向によっては裏から見ることになりますし、
風向きによっては裏返ってしまうこともあります。

裏から見てものぼりに注目してもらうためには、裏抜けが重要です。

表と変わらない割合まで裏抜けするのぼりなら、意図しない方向から
見られたときにも注目してもらえます。

価値を高めるためには、できるだけ高い割合でのぼりを
印刷できる業者に頼まなければいけません。

目的の場所

のぼりの裏抜けの割合は、70%が一般的とされています。
しかし業者によっては、これ以上の割合で印刷できる場合もあります。

デザイン重視で

価値の高いのぼりを作成するなら、そうした印刷技術の高い業者に依頼しましょう。

そこにこだわることは、クオリティーにも大きく関わります。
のぼりのクオリティーは見た目の印象を大きく左右するでしょう。
お店のイメージにも関わるので妥協しない方が良いでしょう。

のぼり旗を作成する上で大事なことは、瞬時に視覚的に訴える事です。
そのため、デザインに関してはこだわりすぎるよりも、どちらかというと
シンプルさを追究した方が良いことの方が多いです。

情報量が多いと、一瞬で通り過ぎる人からしたら印象にも残りにくく
結局は忘れられてしまいます。

そうならないために、わかりやすくインパクトの強いデザインを考えると良いでしょう。

宣伝アイテム  集客力アップ  洗濯  販売促進  キャッチコピー

 

I N D E X| 雨の日ののぼり旗| 裏抜け| open| 広告| オリジナル| 意図しないのぼり| サイトマップ