お弁当販売

一言で

のぼり旗は、見る人に訴える力の強い短いキャッチコピーを
表現した広告です。ですので、そこに表現してある言葉は短くても
その商品がよくわかるものでないといけません。

それを見て即座にイメージがわき、商品の購入を決めさせる
ものでないとだめです。

たとえばお弁当販売だと、ワンコインと表示して
安くていいものをアピールします。

外食よりもずっと手頃でいいものであることをのぼり旗で表現します。

その旗にまた付加サービスを書き添えてもいいです。
例えば500円ランチご飯大盛りとか500円ランチドリンク付きであるなどお得感を出したほうがいいです。

弁当の内容を書いてのぼり旗にしてもいいですが、その単品しか扱っていないイメージを与えて
客へのインパクトが薄くなりますので、まずはお弁当販売をしていることをアピールして
店に足を運ばせるのが大事で、店入れば客はおのずと自分の好みを選定するため、
あえて商品名は表示しないほうがいいです。

濃い色

そしてのぼり旗も目立つように黄色の素地に黒などがいいです。

黄色や赤などが目立つ色としての代表例ではありますが、
お弁当販売であれば食欲が湧く配色にすることも大切です。

そういった意味でも黄色や黄緑、緑などは野菜を連想しやすく
使いやすい色だとも言えます。

反対に、青色は食欲を抑える色だというのは広く知られていることですが
やはりここでも同様に、多く使うことは避けた方が良いでしょう。

宣伝アイテム  集客力アップ  洗濯  販売促進  キャッチコピー


I N D E X| 雨の日ののぼり旗| 裏抜け| open| 広告| オリジナル| 意図しないのぼり| サイトマップ